サラフェプラスの全成分とサラフェプラスならではのメリットはコレ

サラフェプラスの全成分とサラフェプラスならではのメリットはコレ

サラフェプラス女性

 

「サラフェプラスにはどんな成分が含まれてるの?」

 

サラフェプラスは”顔に塗ってもOK”というこれまでにない制汗剤ですが、「制汗剤を顔に使っても大丈夫なのかな」と不安に感じている方もいると思います。

 

制汗剤といえば”脇汗用”のイメージが強いですからね。

 

脇汗用の制汗剤は、商品によっては塩化アルミニウム配合で刺激の強いものもありますから、「サラフェプラスにも同じような刺激の強い成分が含まれているかも」と心配になるかもしれません。

 

それに、顔汗を抑える薬でもプロバンサインのような副作用に注意が必要なものもありますしね。
サラフェプラスの場合、安全性はどうなっているのでしょうか?

 

そこで今回は、サラフェプラスに配合されている成分の安全性と効果を見ていきたいと思います。

 

サラフェプラスの全成分は次のとおりです。

【サラフェプラスの全成分】
・有効成分
フェノールスルホン酸亜鉛、シメン5- オール

 

・その他の成分
シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε−アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料

サラフェプラスは成分の安全性にこだわった制汗剤です。

 

公式サイトにも次のように書かれていますよ。

副作用の疑いのある成分は、一切使っておりません。

 

サラフェプラスは、刺激フリー&無添加の安全性の高い制汗剤となっています。

 

塩化アルミニウムはもちろん入っていませんし、パラベンも不使用です^^

 

サラフェプラスの汗を抑える効果は”フェノールスルホン酸亜鉛”という成分が担当していますが、こちらも安全性の高い成分です。

 

そして何より、このフェノールスルホン酸亜鉛の汗の抑え方に注目です!

 

サラフェプラスは、フェノールスルホン酸亜鉛がもっている”毛穴の収れん(縮める)作用”を利用して、顔の毛穴から出る汗の量を少なくしてくれます。

 

脇汗用制汗剤のような、毛穴に強制的にフタをして汗を抑えるような仕組みではないんですね。

 

サラフェプラスは汗の出口を小さくしているだけなので、毛穴にも優しい顔汗ケアができますよ(^^)

 

サラフェプラスには整肌成分も♪

それに、サラフェプラスには汗を抑える成分以外にも、スキンケアをサポートしてくれる整肌成分も贅沢に配合されているのが魅力^^

 

先ほどご紹介したサラフェプラスの全成分では、”シャクヤクエキス”のような”〇〇エキス”という成分がたくさん目についたと思いますが、それらが整肌成分です。

 

顔汗を抑えながら、同時にスキンケアができるのは嬉しいメリットですね♪

■サラフェプラスの口コミ
「メイクの上からも塗れるところが便利。しっとりと保湿もしてくれるので、乾燥対策に目元に多めに塗っています。汗を抑えるうえにお肌もしっとりして嬉しいです。」

 

「整肌効果もあるみたいなので、朝のおでかけ前の習慣にしようと思います」

 

「最初は顔に塗るのが不安でしたが大丈夫でした。それどころか、サラフェプラスを塗るようになってからの方が肌の調子が良いです」

サラフェプラスには顔汗を抑える以外にも嬉しいメリットがいくつもありますので、公式サイトではそのあたりにもぜひ注目してみてくださいね(^^)

 

⇒サラフェプラス公式サイトはこちら